2013年09月27日

久し振り

018.JPG

約一か月ぶりに書こうかなという気になって、
もう誰もアクセスしてないだろうな、
当然だよなと自嘲気味に解析を見たら、
何とまだ数人の“コア”な閲覧者が残っていた。

何となく嬉しいような、気恥かしいような気分は、
病気で長期間休んでいた児童が、
少し回復して
復学を明日に控えた夜
カバンの中身を何回も出し入れするように
落ち着かず、少し興奮するような気分だった

最初の書き出しは、これでいいかなとか
なんとなくキーを打つ手がぎこちなく乱れた。
でも、眠れぬ夜のそこはかとなく不安な気持ちを
傍で寝ているテスの鼾や腹鳴、果ては“おなら”の音までが
変に心を癒し安らかな気分にしてくれた。

脱毛がテスの一生でも最悪の状態にもかかわらず・・である。
posted by てす at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。