2013年07月16日

京都検定

020.JPG

老人は帰省した娘たち2人と京都へ行った。
美味しいものにこだわりたい老人は
美酒と美食を中心に日程を考えるが、
東京人とロス人は寺巡り中心を要望する。
無論、彼女等も美食を否定するわけでないから、
要するに、おんぶにだっこで楽しみにしている。

老人の京都好きは昔からで、
経営していた会社の慰安旅行は
山の温泉と京都観光を交互に繰り返していたことがある。
山野草に一家言を持つ老人には
このスタンスは変えられない理想の組み合わせだった。

テスをペットホテルに預ける時に少し悪いなと思うが、
なるべく優しいホテルを選んでやる。
それが精一杯のテスに対するエクスキューズだ。

京都駅でタクシーに乗って、
運が良ければ優しく観光に詳しい運転手さんに当たる。
今年は当たりだった。
京都検定というのがあって、その人は1級で

老人の経験的判断から言うと、
けだし検定というのは1級は難しく価値が高いが
2級以下は左程の値打ちはなく、
1級の飾りみたいなものである。
簿記然り、パソコン然り、語学検定ほか然り。

話を元に戻すと、その運転手さんは寺の由来故事のほか
庭や寺の故事の薀蓄だけでなく、
衾の字や絵、仏像等の通り一遍の知識だけではなく、
内面的なことを感じようとする態度が一度ならず見えた。
いわゆる対象を楽しむ姿勢で観ている。
“好きこそものの上手なれ”である。

posted by てす at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。