2013年05月22日

前頭葉

002.JPG

一晩明けても、首の痛みはほとんどなく、
額も触らなければ意識しない程だったので
被害は最小で、運が良かったと言えた。
落ちる時は情景が一瞬見えただけで
反応する時間的余裕はなかったのだろう。

一番先に確認したのは眼鏡の被害だった。
足を下ろしておけばもっと被害は少なかったろう。
今までも何回か落ちたが
ほとんどすべて終着地に着くまでに覚醒している。

一瞬、やっちゃったと思う瞬間がある。
でもその時は既に制御不能、critical pointを越えているのだ。
ただ、最後の瞬間は時間が遅くなったかと思うほど
ゆっくり情景の変化が記憶に残っている。

視神経を通って脳に情報が届いた直後で
運動神経への命令がまだ発令できてない時なのだろう。
老人はやっと前頭葉の動きが活発になり
如何に運が良かったのかを知る。

頭が落ちて机と激突して
外から前頭葉を直接刺激しなければ、
事態を飲み込めなくて被害はもっと拡大するのだろう。

折角座り机があっても、コードや何か弱電の配線が多すぎて
移動するのも頭を一ひねりしないとうまく配置できないだろう。
かくして老人は危険を顧みず、元の机で仕事をするのだ。
南海の漁師たちが危険を冒して
接続水域や他国の領海で漁をする気持ちが少し分かるような
等と訳のわからな話を持ち出して納得する。

やっぱり脳が揺すられて傷んでいると老人は思った。
posted by てす at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。