2013年02月24日

飼い犬の品格

004.JPG

すわ4回目の物忘れと思いきや今度はちょっと違う展開があった。
降りる時に同階の隣人と一緒になった。
このようなことは初めてだったが
隣の人は何する人ぞ という興味はほとんどなかった。
最近の世の中は隣人とのトラブルも多いと聞くが
上階からの騒音被害以外に不満は感じていなかった。
ちなみに上階の住人は駐車場ではお隣さんであることが最近分かった。

隣人に「吠えるかもしれませんから」と
先に行ってくれるようにお願いしたが、
別に構いませんよと、
一向に気にする様子がなく同乗するのは自然の流れだった。

テスの声は聞きなれているからという風な鷹揚さなので
恐縮しながらテスと老人は同席させてもらうことにした。
「何という名前ですか?」出口に近い隣人は振り返って聞いてきた。
もちろん「テスです」と答えたが、老人は一寸慌てた。
犬種を聞かれたかと思ったからだ。
名前を最初に聞く人は珍しいが、
だから次は当然犬種を聞かれると思った。
ポメですと7kgのテスを抱えながら言うのも
恥かしいなと思いながら次の言葉を待っていた。

しかしあくまで優しい隣人は後ろにいるテスを振り返りながら
可愛い、と呟くように言って場を和ませてくれ、顔を前に戻した。
その話し振りがやさしく耳に響いたのかもしれない。
なんか聞き間違えかなと思ったが、
可愛いですねと定番の会話になり、
この方の興味は場を和ませて、
テスをリラックスさせる効果があるかもしれないと老人は期待した。。

だがテスの緊張は高まり始め、
やっぱりだめかと思う絞り出すような声が出始めた。
「ああっ!」と思う間もなく、
けたたましい金属音とともにエレベターは停止した。
警報音が鳴り続け、テスも度胆を抜かれたか静かになった。
隣人は意外と冷静に色々復帰するように
試してくれていたが復旧しなかった。

そうこうしているうちにドアは開いたが警報音はなお鳴り続けていた。
隣人はちょっと驚いて、なぜなの?と
首をかしげながらも落ち着いて降車した。
老人はこのエレベーターに閉じ込められた経験はあったので冷静だった。
その時は付属の電話をかけたら早朝の所為か時間はかかったが
指示通りそこらじゅうボタンを押したら復旧した。

今回エレベーターの警報音は老人の所為だと感じていたので
大声にも反応する防犯機能付きなのだと言い訳は考えていた。、
しかも本当の原因は老人が1階に着く前に
2階か3階で降りることが出来たらと
ボタンを押していたので警報の意味はすぐに納得していた。

posted by てす at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。