2012年09月30日

仏のテスが怒ったわけ

007.JPG

テスは昨日から何かを訴えている。
しかし老人には伝わらない。
老人の顔を見て吠える。
叱ったり、鼻ピンしてもひるまない。
老人が鉢植えの水やりすると
いつもは来たこともないのに一緒にベランダに出てくる。
鉢植えを置いた台の下の溜り水をなめているらしい。
老人が水やりの邪魔だからと追っ払うが動かない。
テスに声をかけてもひるむ気配は全くない。
挙句の果てに老人は棒で小突くが反応なし。
尻尾をつかんで出そうとしたらついにテスが牙をむいた。
今まで恐怖で牙をむいたことはあるが
これは口喝に耐えてきたテスの必死の抵抗だった

老人がハッと気づいて水入れを見ると、
2リットルほど入る水入れが乾いていた。
水入れを満たしてやったら、
いつもの何倍も時間をかけて飲んでいた。
テスにとっては生存権の問題だった。

昨夜は実家に行っていたのだが、
夜の餌をやり忘れたまま実家へ向かったので
飯も水ももらえず大変だったろうと
申し訳なく思った老人は薬を押し込むときに使うバナナをいつもよりたくさん与えた。

心配で飲みだめしたかと思うほど飲んだテスは
いつもの通りの仏のテスに戻った。
posted by てす at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。