2012年08月13日

朝の時間

026.JPG

テスとの朝の散歩はなくなったが、
やはりテスの体力は食欲の低下に合わせて落ちていたらしい。
早朝から散歩の催促をされなくなって、
老人の睡眠不足も回復できそうだった。

しかし、朝の散歩での異文化コミュニケーションに
新鮮味を感じていたのは
テスよりも老人の方だったかもしれない。

ただ、仕事場でうたた寝しないと我慢できなかったのが
これで解消されるかもしれないと、
バッグの中にいつもより一冊本を余計に入れた。

いつも暇な時は本を読むか、ネットサーフィンをするのが常だった。
お蔭で視力もかなり悪くなったように感じたが、
それでも、することがない時はそうするしかなかったのだ。

posted by てす at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。