2012年08月03日

風雲急を告げる

011.JPG

このところテスは食欲不振で朝の散歩も
体の調子が悪くても出かける日課になってしまったが
まだまだ新しい出会いがあった。

今日はチワワとトイプードル2匹を連れた小父さん。
どちらも小さくてかわいくて、
多分足してもテスの重さにはかなわないだろうという
後で悲しき重さかな、という差であった。

帰りのエレベーターの中では
朝帰りの御嬢さん二人と同乗し、
可愛い可愛いと連発され顎をいじられて、
吠える気持ちは失せていたみたいだった。
昔から子供と女性には甘いやつだから、

と思っていたがその後テスは疲れていたのだとわかった。
昨日は冷たいクリスタルガイザーから始め
うまそうに飲んだので牛乳を与えたらそれもおいしそうに飲んだ。
水分さえとっていてくれたらと思って安心していたのだが、
確かにその時もいつもの餌は少ししか食べてなかった。
今朝はどうかと思ったが、
牛乳に固形ドッグフードにも口をつけない。
口の周りの皮膚炎はかさぶたになっており、
急に床にテスの毛が多くなったような気がする。
この一か月近く皮膚炎が出始めたなと
思い当たる原因を考えていたところだった。

老人はサマーズ先生に診て貰わなくちゃと考えたが
時間がどうしても取れない。
幸い中野が今日来てくれることになっていたので、
それまで経過を見ることにしていた。

老人を一番驚かせたのは昨日帰ってきたら
テスが定位置にいないし、読んでも来ないので探し回ったら、
なんと、今まで入ったことのない老人のベッドの下にいたのだ。

これは子供の頃、家の初代のテスが13歳でジステンバーに罹り、
友人の家の床下で発見され、翌日うちの居間で寝かしたが、
翌日玄関の下でなくなっていたことを思い出させ、
おもわずぞっとしたのだ。

昨日はサマーズ先生の休診日だ。
どうしようと思っている時に牛乳を飲んだので
その日は様子を見たのだった。

而してその顛末は・・。

posted by てす at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。