2012年06月29日

しごき?拷問?

006.JPG

ロスが帰って来て、老人は予想通りの散歩に連れ出された。
ロスの来る前、1週間ほど、なぜか毎日散歩に連れて出ていた。
夕方の食事前だったのにもかかわらず、
老人は出慣れているような気安さで付き合った。

散歩コースは沢山あるが、
テスの用が済んだらさっさと帰路につくコースを選んだ。
だから時間も10分〜15分程度と短かった。

ところがロスは久しぶりである。
もう一寸、一寸と距離を伸ばす。
排便が済んでもコースを次から次へと伸ばしていく。

二人とも時計もお金も持っていない。
そのうち老人は空腹を感じ始め、
大切なことに気が付いた。

軽症ではあるが(?)糖尿病の持病がある。
空腹でエネルギーを使えば低血糖発作という命にも係わる状態になる。

老人は娘に訴えたが、娘は一切聞かずに距離を伸ばす。
結局1時間半ほど歩いてやっと拷問から解き放された。

ところが、娘はロスで毎日運動しているらしく、
この後少し食べてから今度はジムへ行くことを提案された。

運動のし過ぎは活性酸素が産出されて、
発癌とか老化とかにあまり良くないということを
薄ら覚えのスポーツ医学の知識で訴えたが、
冷酷な老人の娘は聞く耳を持たなかった。

結局もう1時間半ほどの
筋トレや有酸素運動を終わって
やっとその日は解放された。

posted by てす at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。