2012年04月15日

早起きのツケ

031.JPG

最近気が付いたことだが、
老人が夜更かしをしていつまでもリビングにいる時、
テスはお先にとは言わないが、
先に自分のベッドに行ってしまうのだ。

今までは大概老人の足元で寝ながら、
老人に動きがあると音で感じ、
うっすら目を開けて行動を観察するというのが普通だった。

老人にはその変化の原因として思い当たることがあった。
それは,即ち「夜更かしの早起き」なのだ。

これで寝不足になったテスが、
いずれは老人が来る寝室へ先に行って
寝不足を解消しているのだ。

そういえば、最近老人が昼休みに帰って来ても
玄関まで飛んで迎えに来ることはない。
一生懸命寝不足を解消しているのであろう。
リビングへ行くと、ソファーの下で寝ぼけ眼で迎えてくれるのだ。
老人もテス程でなくともやっぱり寝不足だ。
だが、大きい声では言えないが、
老人は仕事場でそれを解消している。

本来睡眠時間をたくさん必要とするテスは
あまり老人の近くにいでは何かと五月蠅くて
睡眠不足の解消は充分に出来ないらしい。
posted by てす at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。