2013年05月26日

爺さんが婆さんに?

015.JPG

いつものように早朝の散歩をしていた時のこと、
時々会うおばあさんは白と黒のぶちの子犬を連れていた。
例によって犬種は老人にはわからないが、
その犬は吠えながら近寄ろうとしていた。
テスも近づきたい意思を見せたので犬に寄ろうとしたら
おばあさんはリードを絞って後ずさりした
「噛むからだめや」という。
「何で、可愛い顔をしているのに」と
お世辞を言いながら更に近づこうとしたら、
“そんなことゆうてくれるのは旦那さんだけや”、
“顔は優しても心は強(こわ)い”
等としゃれたことを言いながら去って行った。

老人は自分があのばあさんに言い寄っているように思われるかと、
思わず周りを見渡した。
posted by てす at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。