2012年09月30日

仏のテスが怒ったわけ

007.JPG

テスは昨日から何かを訴えている。
しかし老人には伝わらない。
老人の顔を見て吠える。
叱ったり、鼻ピンしてもひるまない。
老人が鉢植えの水やりすると
いつもは来たこともないのに一緒にベランダに出てくる。
鉢植えを置いた台の下の溜り水をなめているらしい。
老人が水やりの邪魔だからと追っ払うが動かない。
テスに声をかけてもひるむ気配は全くない。
挙句の果てに老人は棒で小突くが反応なし。
尻尾をつかんで出そうとしたらついにテスが牙をむいた。
今まで恐怖で牙をむいたことはあるが
これは口喝に耐えてきたテスの必死の抵抗だった

老人がハッと気づいて水入れを見ると、
2リットルほど入る水入れが乾いていた。
水入れを満たしてやったら、
いつもの何倍も時間をかけて飲んでいた。
テスにとっては生存権の問題だった。

昨夜は実家に行っていたのだが、
夜の餌をやり忘れたまま実家へ向かったので
飯も水ももらえず大変だったろうと
申し訳なく思った老人は薬を押し込むときに使うバナナをいつもよりたくさん与えた。

心配で飲みだめしたかと思うほど飲んだテスは
いつもの通りの仏のテスに戻った。
posted by てす at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

完治の前に

015.JPG

テスの皮膚炎の象徴となっていた鼻の横が禿げて黒くなり、
鼻の頭の色との境が判らなかったのが
白い毛が生えてきて治ってきた様子だ。
黒い皮膚の上に白い毛が出てくるので非常にわかり易い。

まだ完全に治ったという感じではないが、
食べ物を要求する時の態度のデカさ、
朝夕の食後の追加要求、
留守にした時の確実なしっぺ返し、etc.
皮膚以外の兆候は完全復活を現わしている。

それは取りも直さず老人の仕事を増やすことに繋がる。
8歳を過ぎて間もないこの犬にいつまで振り回されるのか、

実家で兄と初代テスの思いでから
ペットの是非論議に花が咲いたが、
これからもやはり飼わないというのが兄の結論で
老人もそれに反駁する論拠はもう持ち合わせていなかった。
posted by てす at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

頭はどっちがいい?

024.JPG


最近老人は体調が悪い。
原因は仕事のストレスがベースにあって、
薬とコーヒーが上に乗っかったのだろうと勝手に考えている。

一方、テスも散歩に連れていって貰えないから
当然不満があるのだろう。
元気が出てくるとともに
体をこすりつけて催促をする世になった。

ところが、感心したのは
こすりつけてくるのは夜だけなのには驚いた。
朝は良くないとわかっているように思えることだっだ。
いわゆる、医者に止められている、ということだ。
確かに紫外線が悪いとサマーズ先生は言っていた。
体がつらい時は朝も行く気は見せなかったが

病状がかなり改善してからも催促はしなかった。
いつもはやくざのチンピラのようにしつこいテスが
催促しないのは不思議だった。

顔を老人の胸に擦り付けてくるのは
日中寂しかったからと理解していた。
朝と夜とをしっかり区別していたなど
すぐには信じられないことだった。

しかし朝起きたら新聞取りに
スリルあるエレベーターに乗る権利がある。
次に朝の餌には薬入りだがバナナが貰える。
そして、夜はご飯の後の散歩である。
これは老人が忘れたふりをしているので、
顔を擦り付けて催促する。

不都合なことは絶対覚えないのに、
このしたたかさがあの可愛い顔のどこにあるのか。
やっぱりこの子は老人より位が上らしい。
posted by てす at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

ストレス病?

029.JPG

月末に東京へ出張してから、老人は体調不良を託って(かこって)いる。
胃の具合が悪く、食事をすると胃のあたりみぞおちが痛む。
食べる前は痛まないので、麦酒(びーる)は少し飲んでいる。
医者なら止めるところであろうが、
もう少し持続的に痛むまでと、やめる気はない。

テスはと言えば、薬を飲んでいる間は良かったようだが
もういいかと思って薬を貰いに行かなかったら
再び脱毛が目立つようになった。
新たな皮膚炎は認めないので、
もしかしたら換毛期の脱毛なのかとも思うが、
テスの為というより、老人の気を休めるために、
薬だけもらってきて与えている。

テスはしつけが悪く、薬だけで飲んでくれないので、
バナナを買ってきて適当な厚さに輪切りして
カプセル一個と、2つか4つに割った錠剤を3個を
バナナに押し込んで与えている。

最近テスは散歩に行かないのに気が付いたみたいで
朝となく夜となく声を上げて老人に催促してくる。
朝の散歩に慣れていた老人は、(と言ってもこの数カ月のみだが)
夜暗い中でテスの排せつ物を拾うのが嫌で
なんとか騙し通している。

この程度なら何度か経験しているので、
最近有名な胃酸を抑える薬を飲めば
治るくらいはわかっている。
だが、他の病で飲んでいる薬がその能書きに
胃が酸性の方が効くと書いてある。
レモン水と一緒に飲めと書いてあるくらいだから
胃酸を抑える薬と併用すると効果が半減してしまうのだ。
胃の痛いのも困るが、元の病が悪くなるのはなお困るので
弱い胃薬しか飲めない。

誰もテスのことは気になっても、
老人のことなど気にならないらしいから
僻んで(ひがんで)ぐれてビールを飲んでいるのだ。
そしてこんなことも呟いているかもしれない。
「どうせ俺いらは日陰のなすび、誰もわかっちゃくれねぇか」
こうしてすねた老人は山谷ブルースの世界に入っていくのだ。

posted by てす at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

病み上がりの体育会系

006.JPG

テスの脱毛も山を越えて
このところやや少なくなったように老人は感じていた。
老人の腕に抱いて欲しい時も
後ろ足をぴんと伸ばして前足を老人に預けることはしないで
お尻を上げないのが弱弱しい。

ここで薬を打ち切るのはやや心配なので
もう一回サマーズ先生の診察を受けることにした。

テスも8歳を超えて動きも以前に比べ緩慢になっている。
睡眠時間も長くなった。
しかも喉の周りに脂肪でも着いたか、
鼾をかくことが多くなったし、
ソファに上がるのも時々躊躇している。

テスの日常から変化を見出すのは面倒な作業だが、
見つけたらそれはそれで心配だ。

心配も金もかかる面倒な奴だが、
可愛いのも間違いないし、
要するにこの体育会系の犬に
いいように振り回されているのだと自覚している。
posted by てす at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。